忍者ブログ
日々の想いやらを書き綴る、そんな場所
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

昨日今日と卒業制作練習日だったわけですが、予想通りひどい有様でした^q^

まず前菜ですがセルクルのサイズを誤りました。
皿も買って無かったので何とも言えませんが、少々中心に置くムースとタルタルがデカ過ぎ
味についてはまぁ、合格ラインでしたが食味審査無い訳なんで自己満足も良い所です。

それでも前菜が一番まともに仕上がりました。メイン・デザートの悲惨振りは異常を通り越して泣きたくなりましたね^q^
メインは想像してたものよりもパーツが統一できずバラバラ…
味は同じくまともでしたが、やはり見た目が良くないですね。

デザートは生地が終わってましたTqT
小さなリンゴのタルトと丸く抜いたガナッシュケーキを使おうと思ったんですが…ちょっと方向転換しなければ駄目そうです。

とまぁあげたらきりがないくらいの問題点が有りました。
前菜はちょいと手直ししてやれば十分イケるんですが、他2品がちと厳しいですね
今のところ考えているのは
・メインをグリル系から煮込み系に切り替え飾りを工夫する
・デザートを原型であるガナッシュケーキのみにしてアレンジを破棄する

この辺でしょうかね?
おそらく牛脛肉の煮込みになると思います、後は付け合わせを工夫するくらいしかないですね。
ケーキについても同じことが言えます。
正直、考えるのが辛くなってきましたw

学園祭とかもあるからもう頭痛いです…
PR
学校関係と言うか、自分の職種関係と言いますか、、、とにかく明日は資格取るための試験日です。
個人的には持ってても仕方が無い様な資格だと認識してるのでやる気は殆ど有りませぬ(・ω・)

でも受けねば卒業させんとかいう先生の一声で仕方なく受けることに
食育インストラクターなんぞ今後何の役に立つんだか…謎です。


そうそう、炬燵買いました。
買ったというのはチョット語弊が有りますが、買ったものが届いたと言った感じです。
これがもう暖かいのなんの、背の高いダイニング炬燵とかいうのを買ったので腰も傷めずにすむすぐれもの!

4万近くしたので出費は痛いですが今後も使い続けられるので後悔はしません。
次はデスクトップを買いたいなぁと思ってます。
デカイ買いものばかりですけど、やはり絵を描いたりゲームしたりするにはノートパソコンだと限界が有りますね。。。
熱がヤバいです^q^

気が付くと熱でダウンする事もしばしばなので、ここらで良い性能のデスクトップが欲しいと思ってます。
まぁ、、、就職してからになりますけどね~



現在とあるコンテスト用のレシピ作りと試作に追われています、sivaです。
意外と忙しいため中々絵を描く暇もなく、帰ってきたらすぐにベットへダイブ→翌朝早朝起床が最近の流れですね。

ある程度のレシピは決まりましたがメインの鳥とデザートがまだ固まってません・・・
鳥は丸ごと使うべきか、バラして使うべきか悩む所です。
あんまりアイディアにパンチが効いていないと他の人と似たような物になるのでその辺を上手いこと作らねばならんのですが
これが中々に難しい・・・デザートはガナッシュとか使ってみようかしら?
提出期限も間近に迫ってきているわけであまり遊んでる余裕がなくなってきています。
誰か助けて?!!



そんなリアルな叫びはさておき、近々新潟で同人即売会ガタケットが開催されます。
具体的には31日でしたかな?・・・一般参加するつもりですがあやふやです^q^
どうやら記念すべき100回目だそうで、アムロとシャアの声優さんが訪れるそうです!
あわよくばサインなど頂ければ良いなぁ

それとは別に、挨拶回りがあるので今回のには是が非でも参加せねばならん訳で
前回・前々回が用事や日にちの勘違いで参加できずじまいだったのでスケブも頼みにレッツゴーなのです。
以前からOK貰っている方から今回こそは描いて頂かねば!

未だに一度も料理関係の記事を揚げてない事に気が付きました。

と言うわけで、適当に簡単なものの作り方でも書いてみようかと思います。

・グラタンの作り方
グラタンといってもそんなに難しいものではないんですよ。
ベシャメルソース(ホワイトソースの事)を作るのが多少面倒なだけでそれ以外はいたって簡単

・材料(4人前)
ソース
小麦粉:50g バター:50g 牛乳:1ℓ 塩コショウ:少々


海老:20~25尾 玉ねぎ:1玉 マッシュルーム:6個(他のキノコでも可) マカロニ:80g
バター10g(マーガリン可) 塩コショウ:少々 粉チーズ:適量(好みの量で)
もし有れば白ワイン100ml ブランデー15ml 


1、ベシャメルソース作り

最初はベシャメルソース(ホワイトソース)を作る事から始めます。
中くらいの鍋(18~21cm)にソース用に用意したバターを溶かします、この時に焦がしてしまうと白いソースにならないので注意が必要ですね。
綺麗に全部解けたら同じくソース用の小麦粉を一気に鍋に入れてしまいましょう。
この時に確りと木のヘラで混ぜて焦げないように、粉とバターが良く混ざり小さい泡がプチプチと出てきたら火を止めて下さい。出来上がりはサラサラしてる筈です。
この出来上がったものは、ソースの元となるルーと呼ばれるもので市販されてるカレールーみたいな感じだと思えば良いと思います。
次に出来上がったルーに牛乳を加えてソースにします。量が多いときは牛乳を少し温めてから使うと良いでしょう。
大体、4~5回に分けて牛乳を入れて混ぜ合わせます。一回一回、ソースにダマが出来ないように確りと混ぜていくのがポイントです。火加減は中火より少し弱いくらい、焦げそうなときは火を止めてしまいましょう。
牛乳を全て入れてソースが出来上がったら軽く塩コショウを振って味見をして見ましょう。
出来れば一度ソースをこしてください、ダマも無くなりますし口当たりも良くなります。
自分の好みの味に成ったらソースは完成です。

2、具の調理

まず、玉ねぎを半分に切ってから薄く切っていきましょう。マッシュルームもヘタを取って軽く布巾で拭いてやったら玉ねぎと同じく薄く切ります。
海老は殻と尻尾を剥いてから爪楊枝で背中にある背ワタを取ってしまいます。取り方が判らなかったり面倒な方は包丁で背中に切れ目を縦に入れて黒い所を取り除きましょう。
次に、塩の多めに入ったお湯を沸かしてマカロニを茹でます。湯で時間はマカロニの箱などに書いてあるのでそれを基準に茹でてください。
茹で上がったマカロニはザルに揚げて水を切っておく、この時水を切ってからボウルに移し変えて少量のサラダ油を塗して置くとマカロニ同士がくっ付かなくなります。(面倒な方は飛ばしても可)

具を炒めていきます。先ずはフライパンにバター(無ければサラダ油)をしいて玉ねぎを炒めます。
しんなりとして狐色になった頃にマッシュルームと海老を入れて軽く火を通します。
この時に、白ワイン・ブランデーがある方はフライパンに両方を入れて強火にします。
アルコールが飛んで具材に火が通ったら具を取り出しましょう。汁は使わないので捨ててしまっても構いませんが、少し煮詰めてからソースに入れてしまっても美味しくなると思います。

3、仕上げ

最後の工程です。グラタンのお皿(耐熱皿とか陶器の器)にバターを塗ります。
ソースの中に具を入れて軽く混ぜ合わせましょう、合わさったら具を器に盛ります。
その上からお好みの量の粉チーズ(とろけるスライスチーズなどを乗せてもok)を振りかけて
小さく切ったバターを散らします。
後は、オーブンやトースターなどで焦げ目が付くまで焼きましょう。
焼きあがったらパセリなどを添えてあげると見た目も綺麗になると思います。


ちょっとした一言
あまり説明が上手ではないので色々と判りづらい点も有ると思いますが、とりあえずこんな感じです。
材料に使うものはあくまで一例、かなりオーソドックスな材料なのでお好みでシメジを使っても、イカを使っても鶏肉を使っても美味しいものが出来ると思います。
料理には正解なんてものは無い、とどこかの偉い人もおっしゃられています。
色々とお試しください。
調理時間は、大体30分~1時間くらいで出来ると思います。 
photo by 七ツ森  /  material by 素材のかけら
忍者ブログ [PR]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
カウンター
最新コメント
[09/19 南]
[09/19 視聴者k]
[09/10 どっこい]
[08/03 sarumata]
[08/03 メガネy太郎]
お天気情報